スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cross talk - a precious hesitation -

2015.07.19 20:12|詩のような何か
全ての命に宿る価値
それを正しく量ることのできる者が
一体どれだけいるというのだろう

あの日の私は幼かった
突きつけられたその重さも分からず
ただ泣くことしかできなかった

どうして手放してしまったのか
今私が生きている今日は
貴女の生きるべき明日ではないのに

苦しみからの解放
その代償は払う必要などなく
残された者の悲愴を知る由もない

無責任な貴女を私は許さない
弱さを守ってなんかやらない
可哀想な人だったで終わらせはしない

だから私のことも罰してほしい
他ならない貴女の言葉で
どんなに辛辣な想いだって受け止める


届くことのない叫び
故に終わることのない祈り
それでも生きていれば前に進める

この胸に宿った感情だって風化する
時が経てば新たな愛に塗りつぶされる
悔しいと思えるなら思ってみせて

置き去りにされたのは貴女だ
誰もがその先を歩き続けるというのに
哀しいと言えるなら言ってみせて

それができないから
できないと分かるしかないから
だから貴女を決して許さない

許してほしいなら
はっきりと私の目の前で謝って
お願いだから謝らせて

続きを読む >>

Cross talk - a midnight bed -

2015.07.12 20:29|詩のような何か
カーテンの向こうの誘蛾灯
青白い光は二人の肢体を仄かに照らし
それら以外を忘我の彼方へと押しやる


隙間を満たそうとする心
零れた熱は逃げ場をなくし
火照った分だけ貴女へと伝わる

どうか見ないで
溢れる想いを止められず
ただ縋ることしかできない私を

視界を閉ざすように顔を隠す
恥ずかしいからだけじゃない
そこに浮かぶ色を悟られたくないから

言葉の代わりに滴るものは
時間にも引力にも逆らえず
ただシーツに染み込んでいくだけ


この瞬間を永遠に変えたくて
まるで柔肌に刃を突き立てるように
二人の擦れ合う声は悲痛さを帯びていた

続きを読む >>

Cross talk - a feather sentiment -

2015.07.05 21:08|詩のような何か
強く握りしめたはずの右手
なのにその痛みから逃げたのは私の方で

飛んでいってしまう貴女の後ろ姿を
見届けることすらできなかった


私にあと少しの勇気があれば
貴女を捕まえることができたの?

その答えは誰に問うこともできず
抜け落ちた羽毛は音もなく地に触れる


舞い散る思い出という名の欠片
そこにいた痕跡はあてもなく風に靡き

ひとつだけでいい
ただひとつきりでいい


胸に抱いて今宵も眠ろう
喪失を一枚の羽根に閉じ込めて

どうか貴女のいる世界に
澄み渡る空が広がっていますように

続きを読む >>

Cross talk - a starlight line -

2015.06.28 18:23|詩のような何か
高台から一人見下ろす街
連なり重なりして無数に散らばる明かり
その輝きを星と形容するのなら
私が見ているそれもまた空なのだ

嘶きの風が頬を掠めた
無音の叫びが辺りに木霊する
命を宿す一つひとつの星々
そのどこかに貴女はいるのだろうか

星空と星空との狭間にいて
その孤独の闇に酔いしれ
あるいは嘆くことで身を守り
どちらにも行けない私はどこにいる?

誰にも観測されない7.73等星
脆弱な瞬きは謙虚とさえ呼べず
他の煌めきによって容易にかき消され
ただ暗黒を揺蕩う物質でしかない


ねえ分かって
前髪を切ったの
チークの色変えたの
ねえ気づいて

視覚では捉えられないサイン
声に出す勇気もないくせに
ただ認められたい想いだけが
虚空を彷徨い続けている

次第に夜も更けていく
誰かのベットで眠りにつく貴女
その消えていく光を抱いて
私も家路へ向かっていく

朝になればまた会える
私に今日こそ前を向く力を
どうか夢想の夜光を
道を燦然と照らす陽光に変えて

Cross talk - a selected departure -

2015.06.21 21:16|詩のような何か
どんなに信頼を勝ち得ていても
どんなに愛情に満ち足りていても


それこそが私の人生だと
胸を張って言えるのだろうか

目の前に出来た道をただ歩む
生きるとはそういうことなのか


この胸に宿る違和感を
この胸に抱く不安感を


今こそ貴女に打ち明けよう
そして本当の道を歩こう

夕暮れの空に誓い合ったあの日
再び巡り合う私たちの物語


「ねえ、もしさ」
「貴女と駆け落ちしたいって言ったらどうする」
「それも、ありだよ」
「私たちの選んだ道なら、きっと」

続きを読む >>

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。