スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷は抱えたままでいい 07

2015.11.28 21:22|傷は抱えたままでいい
06 ←前回

「えーと、霧子さ……」
「リコって呼んで」
名前を呼んだ私に、彼女はすぐにそう返した。
まるで私の言葉を遮ろうとするかのような威圧感に、一瞬言葉が詰まってしまう。

そんな気持ちを察したのか、鈴森霧子――――リコは慌てて言葉を付け加えた。
「みんな……そう呼んでるから」
「う、うん。ごめん……」
なぜ私が謝るのか、そんなことを考える余裕もない。

決して和やかとは言えない雰囲気。
リコがなんのために私を体育館の裏に連れてきたのか、この沈黙では分からないままだ。
いや、思い当たる節はもう一つしかない。でも私から、それを切り出すことができない。

結局彼女が再び口を開くまで、私は黙っているしかなかった。


「千紗季さんさ……」
一度深呼吸をし、決意を固めたかのようにより強く私を見据えながら、リコは聞いてきた。
「……見たんだよね?」
「…………」

何を、とは言えなかった。
ましてや、しらを切ることなんてできるわけがない。
疑問形なのにほとんど断定するような強い語気を前に、私は素直にうなずくことしかできなかった。

「あ、あのね霧――――」
「リコ」
再び遮られる私の言葉。
言い訳も謝罪も聞きたくないというのか。
それともそんなに名前で呼ばれるのが嫌なのか。

とにかく彼女から感じたのは、ただ何も受け入れたくないという壁だけだった。


なんだか怒りがわいてくる。

次回→ 08


話としては全く動いていませんが、一応意味のあるやり取りです。
千紗季がチサ、霧子がリコというあだ名?です。
以降二つの呼び方が出てきますが、それぞれ同じ人物となります。

あと、しばらくおすすめ楽曲の紹介はお休みします。
小説や詩、それに関連することの更新をメインに続けていきます。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

HN非公開さん>
コメントありがとうございます。
再開されて本当に嬉しく思います。

プロフに挙げた属性は自分の小説の中でも活かしたいと思います。
眼鏡を外すと……ももちろん好きですが、
眼鏡をかけたことで違った魅力を出すキャラも好きですね!

またいつでもお越しください。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

×丸

Author:×丸
一歩ずつしっかりと。
無事1周年を迎えました。
2年目も頑張っていきます。

ブログの詳細はTOP最初の記事にて。
管理人の紹介は下記をクリックしてください。

×丸のプロフ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。