スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cross talk - a lost fireworks -

2015.07.26 21:06|詩のような何か
舞い上がる花火の煌めき
鮮烈な彩りに目を奪われた
隣で曇る貴女の顔に気づかぬまま

胸を締め付ける轟音
ひとつ弾けては心が苦しくなる
儚い想いは容易くかき消され


告げられる言葉
一人ぼっちの帰り道


刹那の役目を終えた光
まるで空の流す涙のように
落ちては闇に吸い込まれていく

歓声からは次第に遠ざかり
暗がりに浮かぶのは悲しみの影
火薬の匂いがやけに鼻について


夏の始まりは静かにやってきた
梅雨も未だ明けないままで




夏祭りシーズンがやってきましたね。
特に一緒に行く相手もいないのでいまいち乗り気にはなれませんが、それでも楽しそうな雰囲気の場所にいるだけで何か感じることができそうです。

この詩の涙という表現も、花火を見ていた時にたまたま近くにいた子どもが「涙花火だね」と話していたのを聞き、参考にしました。
素直だったり変にねじくれていたり、子どもの想いは不思議なことがいっぱいですね。


※来週の詩の更新は私事によりお休みします。
スポンサーサイト

Comment

こんばんは
夏の花火の雰囲気が伝わってきました。

No title

花火と涙。
素敵な表現ですね。

そして、ちょっと切ない儚さも
一見派手な花火が持っているものですね。

Re: タイトルなし

ネリムさん>
コメントありがとうございます。
そして大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

花火は華やかですが、どこか寂しい感じもしますね。
少しでもそんな雰囲気を伝えられたなら嬉しいです。

Re: No title

夏雪草さん>
花火の刹那の煌めきは、華やかさと儚さの両方を持ち合わせていますね。
その対比こそが、人を惹きつけているのだと思います。

素敵な表現をこれからも磨いていきたいです。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。