スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cross talk - a precious hesitation -

2015.07.19 20:12|詩のような何か
全ての命に宿る価値
それを正しく量ることのできる者が
一体どれだけいるというのだろう

あの日の私は幼かった
突きつけられたその重さも分からず
ただ泣くことしかできなかった

どうして手放してしまったのか
今私が生きている今日は
貴女の生きるべき明日ではないのに

苦しみからの解放
その代償は払う必要などなく
残された者の悲愴を知る由もない

無責任な貴女を私は許さない
弱さを守ってなんかやらない
可哀想な人だったで終わらせはしない

だから私のことも罰してほしい
他ならない貴女の言葉で
どんなに辛辣な想いだって受け止める


届くことのない叫び
故に終わることのない祈り
それでも生きていれば前に進める

この胸に宿った感情だって風化する
時が経てば新たな愛に塗りつぶされる
悔しいと思えるなら思ってみせて

置き去りにされたのは貴女だ
誰もがその先を歩き続けるというのに
哀しいと言えるなら言ってみせて

それができないから
できないと分かるしかないから
だから貴女を決して許さない

許してほしいなら
はっきりと私の目の前で謝って
お願いだから謝らせて



どこか乱雑になってしまいました。

何とはあえて限定しませんが、昨今の事件に触発されてこの詩を書きました。
自分の中でも揺らぎ続けるテーマなため、相応しい表現もできていないように思えます。
それでも今の自分が持つ表現の力をできるだけ込めてみました。


自分は多くの人間に影響を与える存在だとは思っていません。
それでも自分だからこそできることが必ずあると考えています。

今はそれを見いだせずとも、これから歩む道の先にそれが問われる時がきっとくる。
未来のことは誰にも分からないからこそ、あらゆる可能性を否定してはいけないと思うのです。


そしてそれは歩いているから、生きているからできること。
仮に道を閉ざしてしまったなら、その機会は永久に失われます。

失ったことにも気づけず、中途半端に生きた姿を、十把一絡げに「不幸」と締めくくられる。
そんな結果は絶対ごめんです。


人は誰しも、命の価値を正しく量ることはできないと思っています。
ましてや幼い考えの中だけでは、限りなく低く見てしまうこともあるでしょう。

願わくば全ての子どもの身近に、その子を認める大人がいることを。
自分自身もそのような人間になれることを、望みます。


はっきりしない文章ですが、今はここまでに留めます。
詩だけでなくこのような長文まで読んでくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Comment

おはようございます
許すというのは難しいことだなとつくづく思います。

Re: タイトルなし

ネリムさん>
返信が遅くなってしまいました。
コメントありがとうございます。

許すことは難しいですね、
ちゃんと面と向かわなければできないことですから。
その勇気ですら、一つの可能性です。
大切に選びたいですね。

許す・・・

こんばんは。

許すということは、
最大の愛なのかなって思ったりします。

事によっては許してしまうことが、
果たしてその人のためになるのかどうかはわからないのですが、
愛があるからこそ許せるのだと思うのです。

Re: 許す・・・

夏雪草さん>
コメントありがとうございます。
そして返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

許すというのは中々難しいことです。
相手のことを思うとなおさら、自分の判断が正しいのか
迷うことはいっぱいあると思います。
そんな迷えるということも、愛の一つなのかもしれませんね。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

×丸

Author:×丸
一歩ずつしっかりと。
無事1周年を迎えました。
2年目も頑張っていきます。

ブログの詳細はTOP最初の記事にて。
管理人の紹介は下記をクリックしてください。

×丸のプロフ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。