スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9→8】Sound horizonと表現の可能性

2015.05.25 22:59|未分類
前々からお話ししていたように、5月24日に東京国際フォーラムで行われた、

9th Story Concert『Nein』~西洋骨董屋根裏堂へようこそ~

へと参加してきました!

↓以下、詳しいことはやや長いので追記に↓


前回の4月26日公演より2回目の参戦、千秋楽となる本公演でいったい何が待ち受けているのか不安と期待が入り混じる中参加したわけですが……

なんかもう、いろいろとすごすぎて……元々泣きやすいタイプではなかったはずなのに、ウルッとすることばかりでした。
書きたいことが沢山ありすぎて、逆に何を書いていいかわからずにいます。


でもとりあえず言えることは、
ついに、ついに……

待望の第8番目のアルバムの情報が告知されました!

タイトルは…………『Rinne』、すなわち「輪廻」です。

もうこれだけで大興奮です。多かれ少なかれ、思うところのあるタイトルに続報が待たれますね。

主催者であるRevo陛下が「エンタメとはその場だけでなく、次への楽しみを持たせること」といった趣旨の発言をしましたが、まさにその通りだと思います。
ストコンは終わりましたが、表現に終わりなどあるはずがなく、常に次を見据えている、そんな考え方には共感します。


何が言いたいかというと、表現の持つ力を、今まで以上に追求したいと思ったのです。
音楽だろうと文章だろうと、これでいいという限界や頂点はなく、前へと開ける道は無限なのです。
自分もまだまだ歩んでいきたいと思っています。




本当に昨日の公演は衝撃的でした。
大げさでもなんでもなく、あの時あの場所に自分がいたことに、強く幸せを感じています。

そしてサンホラが次の道を示した今、自分にできることはたった一つです。

受け入れるだけの器を持とう、と。
表現の力を持つこと、心への余裕、自分を認める器量、それに追従する諸々。
……何より、金銭面。


きっと自分の生き方や考え方が変わる、それだけの力を持った公演だったと思います。
それが少し怖いと思うところもありますが、今はそれを原動力に胸を張ってひたむきに前を進んでいきます。


その他細かいところは追々書いていく……予定です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。