スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷は抱えたままでいい 09

2015.12.06 00:51|傷は抱えたままでいい
08 ←前回

次の日、リコは私のことなど気にも留めない様子でいた。
昨日のことなんてまるでなかったかのように、普段と変わらない日常のままだ。

窓際に座るリコは、やっぱりぼんやりと外を眺めている。
長い黒髪は相変わらず綺麗で、その顔立ちはすこしキツめだが端正と言っていい。
無表情なのが逆に絵になる風貌。怒ったり笑ったりするところは見たことがない。


……その彼女が露わにした感情。あれはなんだったのだろう。

――――私に関わらないで

忠告だと彼女は言った。
まるでキスを見られたことより、見てしまった私の方を心配するような。
それに普通は口止めしようとするものだと思うのに、そんなことは一言も言ってこなかった。

私が誰かに告げ口をすれば、困るのは彼女であるはず。
なぜだろう、本当に危ういのは私の方だと感じるのは。


「チサ、チーサ! どうしたのー?」
「うんうん、ずっとボーっとしてさ」
「……あ、ご、ごめん」

里穂と有希が心配そうに声をかけてきた。
3人で話をしていたことを忘れるくらい、私はリコのことが気になっていたらしい。

ただ、私はあの事を誰にも話す気はなかった。
言ったところで信じてもらえないからというのもある。
でもそれ以上に、あれは誰も侵してはならないと、そう思ったからだった。

リコと誰かのキス。
女性同士の、女性同士だからこそのキス。


その現場を目撃して、私が感じたのは『見てはいけないもの』だった。
それは果たして、学校だからとかキスそのものがどうとか、女性同士だからとか、そういう常識的な見方だけの話だったのだろうか。


リコの唇を思い出す。
触れてはいないけど、私の唇とは数センチだって隙間がないほど近づいていた。

ちょっとのはずみで、ほんの少しの意思で、重なり合ってたかもしれない唇。
そしてあの時、『かもしれない』ではなく、本当に『重なり合ってた』唇。


「相手は……誰なのだろう」
昨日とは違った気持ちの中で、再び芽生えた疑問を口にする。

里穂と有希はそれに気づいてはいなかった。
否、突然教室に響き渡った音に、二人は気を取られていた。

次回→ 10

続きを読む >>

スポンサーサイト
| 2015.12 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

×丸

Author:×丸
一歩ずつしっかりと。
無事1周年を迎えました。
2年目も頑張っていきます。

ブログの詳細はTOP最初の記事にて。
管理人の紹介は下記をクリックしてください。

×丸のプロフ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。